健康トピックス ← BACK 

行っても大丈夫かしら?-妊娠中の旅行-



正常の妊娠は病気ではないので、必ずしも安静にばかりしているのがよいわけではありません。母親が心身ともに健康であることが安全な出産の基本ですから、無理のない範囲での旅行は気分転換の意味からもよいでしょう。

お勧めできる時期は

 正常な妊娠の経過をとっていても、胎盤が形成される妊娠15週(第4ヵ月)ごろまでは比較的流産の可能性が高く、また妊娠32週(第9ヵ月)以降もまた早産の可能性が高くなります。旅行は安定している16週(第5ヵ月)〜31週(第8ヵ月)の間にするとよいでしょう。
  しかし、一般に妊娠中は体重が10kg以上増えて、どうしても体の動きがにぶくなります。できるだけ一人旅は避け、ゆったりとしたスケジュールを組むようにしましょう
     

こんな場合の旅行は避けましょう

 自動車で長時間の旅行はおすすめできません。まして自分で運転することは、運転操作もにぶくなるので賛成できません。
 また、妊娠中毒症などの異常があった方や、過去に習慣性流・早産があった方は、遠距離または長期間の旅行は避けましょう。それでも旅行せざるをえない場合には、必ず専門医に相談してください。

海外への旅行は?
 予防接種が必要だったり病気になったときの 薬の判断など、むずかしいことが多いため、娯楽目的の旅行はがまんしてください。妊婦の飛行機利用は、航空会社によってそれぞれ規制がありますし、出産予定日4週以内では医師の診断書などが必要です。

指導:前東京慈恵会医科大学産婦人科教授 寺島 芳輝
企画:日本医師会
協賛:萬有製薬株式会社