女性医師支援室からご挨拶

=育つということ、育てること~支援室は応援します=

 私たち医師は医師免許を取得したときから、男女を問わずだれもが、医師としての生きがいと使命を果たしたいと願っています。
 その思いの中で、多くの若い女性医師たちは結婚、子育てをしながら、同時に自分も医師として研鑽を積み、育っていかなくてはなりません。しかし、こどもはみんなで育てるもの、子育ても男女共同参画という認識は今日の日本社会ではまだまだ十分には成熟していません。女性医師の精神的、時間的負担はとても大きいものです。
 女性医師支援室は女性医師がモチベーションを高く持ち、離職することなく、時にはしなやかに生き方を探りながらでも、医師としての社会的責任を継続して果たせるように応援していきたいと思っています。復職や再研修についてもサポートしていきたいと願っています。気軽にご相談ください。

女性医師支援室長 鹿島 直子


▲ページの先頭へ戻る